リンパマッサージは独学で習得できる?

リンパマッサージの資格を取るための勉強方法にはさまざまな種類があり、そのうちの1つが独学です。リンパマッサージの資格は独学でもちゃんと取得できるのでしょうか。

ここでは、独学での資格取得について、メリットやデメリット、勉強方法などを紹介しています。

独学でリンパマッサージの資格は取得できる

独学でもリンパマッサージの資格を取得できます。しかし、スクールで現役の講師から技術や知識を習得した場合と比べると、上達スピードは遅くなりがちです。学習のスケジューリングやカリキュラムなどの下準備も自分で行う必要があり、継続が難しい人もいるかもしれません。

一方で、「じっくりと時間をかけて学ぶぞ!」という気持ちが充分にあるなら、独学でもリンパマッサージの資格を取得できる見込みがあります。独学での資格取得を考えている人は、まずはそのメリットとデメリットを知っておくのが重要です。

リンパマッサージを独学で習得するメリット

費用が安い

リンパマッサージを独学で取得する最大のメリットは、最低限の費用しかかからないという点です。リンパマッサージを習得する際には、スクールや通信講座を利用するのが一般的。ですが、これらの方法は学費をはじめとしたさまざまな費用が発生します。その反面、独学ならネットや市販のテキストを使って学ぶことで、費用を抑えることが可能です。

そのため、「リンパマッサージ師になりたいけれど、まとまったお金を用意するのは難しい」と悩んでいる人は、独学から始めてみてもいいでしょう。

自分のペースで学べる

スクールに通う場合は、基本的に決められた時間に受業を受けなければなりません。また、移動時間もかかるため、仕事や家事で忙しい人、職場や自宅の近くにスクールがない人はスケジュール通りの受講が難しいかもしれません。

その点、独学なら時間や場所を問わずに勉強できます。1日あたりに学ぶ範囲も自身で設定でき、苦手な部分は時間をかけて勉強できるのもポイントです。

気軽に始められる・辞められる

どんなスクールも一度始めたらなかなか辞めづらいものです。通信講座は比較的安価で受講できますが、モチベーションの維持が難しくて途中で辞めてしまう可能性があります。

独学は最低限の費用しかかからず学習時間が決まっているわけでもないため、スクールや通信講座よりも気軽に始められるのがポイント。精神的・金銭的負担がかかりにくいぶん、「自分には合わないかも」と感じた場合にも罪悪感なく辞められます。

リンパマッサージを独学で習得するデメリット

質問できる相手がいない

独学は自分の力で学習を進める勉強方法のため、苦手な部分や分からないことがある場合も自分自身で解決しなければなりません。理論的なところはじっくり学んでいけば苦手克服もできますが、実技での疑問や質問は自己解決が難しいのが現実。

スクールや通信講座はプロの講師が学習サポートをしてくれるので、分からないところもすぐに解決できます。独学はスクールや通信講座と比較してつまづきやすく、問題解決能力の高さが求められると言えるでしょう。

学習計画・カリキュラムが用意されていない

独学でリンパマッサージを学ぶ際、資格取得までの道のりは用意されていないため、自分で計画を立てなくてはなりません。そのぶん学習をスタートするのが遅れることになり、この時点でやる気を削がれてしまう人もいるでしょう。

逆に、スクールや通信講座は実績のある学習計画やカリキュラムが用意されており、入学と同時にリンパマッサージの学習をスタートできます。計画を立てるのが苦手な人やすぐに知識と技術を身に付けたいと思っている人は、独学以外の勉強方法がおすすめです。

資格取得後のサポートが受けられない

多くのリンパマッサージスクールでは、就職や独立開業に関するサポートを実施しています。施術の知識や技術だけでなくサロン経営のノウハウなども教えているため、スムーズかつ即戦力として活躍できるリンパマッサージ師を目指すことも可能です。

独学の場合は資格取得後のサポートがなく、自分自身で経営や接客、集客方法などを学ばなければなりません。趣味レベルのリンパマッサージなら独学でも問題ありませんが、サロン就職や独立開業を目標としている場合はスクールに通うほうがいいでしょう。

しっかり学ぶなら独学よりもスクールがおすすめ

リンパマッサージは独学でもある程度身に着けられますが、指導者がいないぶん間違った知識と技術をそのままにしやすいのが難点。この状態ではせっかく施術を行っても十分な効果を引き出せないどころか、皮膚や筋肉を傷付けてしまうトラブルにも繋がります。

一流のリンパマッサージ師になるためには、やはり経験豊富な指導者のもとで学習を進めるのがおすすめです。本格的にリンパマッサージを学びたいと思っている人は、独学ではなくスクールを選んでください。

独学でリンパマッサージを習得する勉強法

テキスト・参考書で学ぶ

独学でリンパマッサージを学ぶ時に欠かせないのがテキストと参考書です。最初のうちは理解できない内容も多いでしょうが、学習を続けていくことで少しづつ知識が身についていきます。

リンパマッサージについてのテキストにはさまざまな種類があるため、その中から自分に合うものを選ぶのが肝心。特に、解剖学や病理学などの理論に関しては、文字だけでなく画像やイラスト付きのものが分かりやすくておすすめです。

動画を利用する

テキストと参考書だけだと、どうしてもイメージするのが難しい内容が出てきます。施術時の身体の使い方やリンパの場所など、文字だけで学ぶのが困難な場合は動画を利用するのがおすすめ。

動画を手に入れる際は、無料のものではなくDVDなどを購入しましょう。プロのリンパマッサージ師が監修している動画は費用がかかるものの、間違った情報を得るリスクが抑えられるからです。

実際に施術を受けてみる

理論はテキストや参考書でマスターできても、技術はなかなか習得しにくいもの。リンパマッサージに欠かせないハンド技術や圧のかけ方、施術の流れなどは、実際にプロの施術を受けることで身に付けられます。

もちろん、1回施術を受けたくらいでは、プロの技術をものにするのは不可能。何度も施術を受けて、施術後には周りの人に協力してもらって自分の手で実践するのも重要です。

希望別 おすすめリンパマッサージスクール

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
リンパマッサージ資格について
疑問に思っていることはありませんか?