サロンを開業する際に必要な届け出とは?

マッサージサロンを開業するにあたり、誰もが通る道「開業届の提出」。初めて開業する人にとってどのように手続きを行ったらよいのか、スムーズに書類を準備できるか不安になりますよね。

今回は、マッサージサロンを開業する際に必要なものや注意点、開業届の書面内容を詳しく解説していきます。

マッサージサロンを開業する際に必要な届け出とは

個人でマッサージサロンを開業する場合、実はそれほど難しい手続きはありません。開業から1ヵ月以内に、自分が開業する地域の税務署へ「個人事業の開業届出」(開業届出書)を提出すれば完了です。開業届が受理されたら個人事業主となるので、その上で年金や税金の手続きの変更などを行います。

今まで、夫の会社の扶養に入っていた場合は、開業したことにより扶養対象外になる場合もあるので、事前に確認が必要です。もし、扶養の手続きも変更する場合は早めに申し出ましょう。

また、多くのマッサージサロンの場合は開業届のみで良いのですが、鍼やあん摩など国家資格が必要な施術を行う場合は保健所への提出も必要になります。この場合は、サロンの設備に衛生面や安全性を求められるので、開業前に保健所に行き必要事項をチェックしておくことをおすすめします。

開業届の入手方法と書き方は?

開業届の入手方法

開業届を入手する方法は2通りあります。一つは税務署に行き入手する方法、もう一つは国税庁のホームページからダウンロードして印刷し入手する方法があります。開業届の正式名称は「個人事業の開業・廃業等届出書」です。届出書類を提出する際には、スムーズに手続きが行えるように正式名称を覚えておきましょう。

開業届の記入項目について

次は、開業届にはどのような項目があるのか、詳しく見ていきましょう。

開業・廃業を選択し丸をつける

開業届出書の上部には、「個人事業の開業・廃業等届出書」と書かれています。今回は、開業するので、「開業」部分に丸をつけましょう。

「管轄税務署名」と「提出日」

管轄税務署名は、開業するマッサージサロンがある地域を管轄している税務署の名前を記入します。提出日というのは、「書類を提出する日」を記入しましょう。こちらは開業日ではないのでくれぐれも間違えの無いように注意しましょう。郵送する場合はポストに投函する日を記入します。もし管轄税務署が不明な場合は、国税庁のホームページで検索できるので住所や郵便番号をチェックしておきましょう。

「納税地」の記入

自宅をマッサージサロンとして利用する場合は、住民票がある住所地が納税地となるので、自宅の住所と電話番号を記載しましょう。もし、自宅と離れた場所にマッサージサロンを開業する場合は、事業所や居住地(住民票はないけど住んでいる場所)を選択し、必要事項を記入してください。なお、電話番号は携帯電話番号でも問題はないので、連絡がつく電話番号を記載しましょう。

「事業主」と「個人番号」を記入

事業主とは、今回の場合はマッサージサロンを開業しようとしている人を指すため、自分の名前と生年月日を記入しましょう。フリガナはカタカナで、氏名欄の「印」には印鑑を押しますので、印鑑も忘れずに。生年月日には年号を選択する部分がありますので、自分の生まれた年号を選択しましょう。

個人番号とは「マイナンバーカード」に記載されている番号のことです。12桁の数字を間違いなく記入しましょう。

「職業」と「屋号」の記入

職業欄への職業の記入は忘れずに行いましょう。なぜなら屋号よりも職業内容が重視されるからです。

屋号は会社名やマッサージサロン名を記載。未定の場合や屋号をつけない場合は空欄でも大丈夫です。屋号は後日変更することも可能です。

届出区分を選択する

「開業」と「廃業」の項目に分かれているので、「開業」に丸をつけます。もしサロンを別の方から譲り受ける場合は、引き継いだ先の住所や氏名が必要なので、事前に調べておきましょう。

所得の種類を選択する

マッサージサロンの場合は、「事業(農業)所得」に当たります。不動産所得、山林所得、事業(農業)所得の3択があるので、間違えないように選択しましょう。

開業・廃業等日を記入する

開業日の記入をします。開業日が決まっていない場合は、届出書の提出日を記入しましょう。

「事業所等を新増設、移転、廃止した場合」と「廃棄の事由」

今回はこちらの項目は該当しないので、記入はしません。次の項目に移りましょう。

開業に伴う届出書の提出の有無を記入する

同時に提出書類の確認の有無を記載します。当日開業届と同時に「青色申告」の申請をする方の場合のみ「青色申告承認申請書」や「青色申告のとりやめ届出書」の「有」を選択します。なお、「白色申告」の予定であれば、「無」を選択してください。また、「課税事業者選択届出書」や「事業廃止届出書」は通常は「無」を選択します。自分が該当するか不安な方は、相談しながら記載すると良いでしょう。

「事業の概要」を記入する

事業の内容を記載しましょう。ポイントは可能な限り詳細に書くこと。そうすることでサービスにかかった費用が経費と認められるようにするためです。思いつく仕事内容を記載し、「上記に付随する業務」と付け加えておきましょう。

給与等の支払い状況部分を記入

スタッフを雇用する予定の方は記載が必要です。1人で行う場合は空欄のままで構いませんが、税務署によっては打ち消し線を書くよう指示される場合があります。それぞれの税務署の窓口で確認して対応しましょう。

関与税理士を記入する

確定申告などで経理を頼んでいる税理士さんがいる場合は、氏名と電話番号を記載します。税理士を頼んでいない場合は空欄となります。

届け出時の注意点とは?

届出の際に注意したい事柄があるのか気になるところですよね。今回は届出の際に気を付けたい注意点をあげました。

開業届は自分の控えを用意すること

届出書は1部用意すれば良いのですが、控えは手元に残りません。後日開業届が必要になる場合があるので、コピーを用意するか2部作成するなどして対応しておきましょう。この場合、税務署から受領印をもらったものを必ず手元に残しておいてください。

郵送の場合は、2部用意し1部は返却するように依頼しましょう。その際には、返信用の封筒と切手を貼り付けて同封します。

本人確認の書類を忘れずに

届け出時には必ず本人確認書類が必要になります。マイナンバーカードが登録済みであれば、1枚で本人確認が可能ですが、通知カードの場合は、もう一つ身元が確認できる書類が必要になります。運転免許証などの本人確認書類を事前に用意してから税務署を訪れましょう。

事業用の銀行口座を作る

開業届が完了したら、屋号で銀行口座を作ることをおすすめします。個人の口座を事業用として利用しても構いませんが、確定申告の際に、個人の収支と混ざっていると手間がかかってしまうためです。事業用と個人用の口座を分けておくことで帳簿つけ時の負担軽減にもつながります。

まとめ:開業したら確定申告はお忘れなく!

今回は、マッサージサロンの開業について、開業届の入手方法や記入事例、注意点などを詳しく解説しました。開業届の手続きが完了したら、「個人事業主」として新たなスタートを切ることになります。マッサージサロンの開業においては、税務署に開業届を提出すれば済むので、比較的簡単だといえるでしょう。

しかし、開業届が完了したら、次は「確定申告」を忘れずに行ってください。会社員や扶養に入っていた場合は、会社の事務の方が行っていた作業も今度は自分で行わなければなりません。もしやり方が分からない場合は、税務署に何度も足を運んで相談すると良いでしょう。

希望別 おすすめリンパマッサージスクール

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
リンパマッサージ資格について
疑問に思っていることはありませんか?