【番外編】マッサージの資格の種類について

マッサージの資格の種類

リンパマッサージ

リンパマッサージとは、リンパ線に沿ってリンパ液を流すことで血液やリンパ液の循環を良くし、疲労や不調を解消して心身をリフレッシュさせることです。ハーブオイル・エッセンシャルオイルを取り入れたマッサージ・器具を使ったマッサージ・整体を取り入れたマッサージなど、多くの種類があります。リンパマッサージの資格取得後は、エステサロンやスポーツジムなどで働くことが多く、独立して専門サロンを開業している人もいます。また、身体と心の緊張をほぐす「癒し」の技術として、ホスピスなどの医療や福祉の現場でも注目されています。

資格取得の方法

リンパマッサージには国家資格などではなく、民間の各マッサージ協会などが設定している資格となります。例えば「オリエンタルリンパドレナージュセラピスト」や医療従事者向けの「ICAAリンパドレナージセラピスト」などがあります。

整体師

骨格のゆがみを直し、身体の均整をとることによって、健康増進などをはかる技術です。術者の手・足・体を十分に使い、全身の筋肉やツボなどを刺激します。血液やリンパ、神経の流れを整えて、体調を改善することが目的です。整体院・整骨院・リラクゼーションサロン・スポーツジム・スパなどに活躍の場があります。また、自営業として整体院を開業する方も多いです。

資格取得の方法

整体師には国家資格や公的な資格はありません。民間の資格制度となっています。スクールなどで整体に関する知識・技術を身につけ、整体師の求人募集先の整体院・サロンなどに就職するといった流れが一般的でしょう。

カイロプラティック

カイロプラクティックは、背骨や骨盤などの矯正を通じて、神経やリンパなどの働きを調整し、運動機能や内臓機能を正常な状態へとコントロールする療法です。カイロプラティックの治療院や接骨院、整形外科など医療系の就職先もあります。また、スポーツクラブでメディカルトレーナーとして活躍する人もいます。思っているよりも力を使わないこともあり、近年では女性や高齢者のカイロプラクターも増えているようです。

資格取得の方法

カイロプラティックの資格には、国家資格や公的な資格はありません。民間の資格になりますので、カイロプラティックの専門学校や講座などを受講して資格を取ることになります。

鍼灸師

鍼灸師とは、はり師、きゅう師の資格をどちらも取得している方のことを言います。はり師、きゅう師のそれぞれの資格だけ持っている方もいます。はり師は金属針を刺して患部に刺激を与え、きゅう師はもぐさを皮膚表面のツボに置いて焼き、その温熱によって刺激を与えて治療します。ともに生活習慣病や事故後の後遺症などに有効な代替療法といわれています。

資格取得の方法

はり師、きゅう師になるためには、それぞれの国家試験を合格・取得しておく必要があります。受験資格ははり師、きゅう師の養成施設で、3年以上の修業をして、所定の課程を全て修了することです。

修道整復師

ほねつぎ・接骨師・整骨師として、打撲や捻挫、骨折、脱臼などに対して施術を行います。「整復」、「固定」、「後療」によって人間が本来持っている自然治癒力を高め、傷みやケガを治癒していくという療法となります。準医療行為として定められており、保険治療が適応されています。

資格取得の方法

柔道整復師になるためには、柔道整復師の国家試験に合格する必要があります。文部科学大臣が指定した学校、ないしは都道府県知事の指定した柔道整復師養成施設で、3年以上受講をして受験資格を得ることが必要です。

希望別 おすすめリンパマッサージスクール

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
リンパマッサージ資格について
疑問に思っていることはありませんか?