リンパマッサージに使用するクリームについて

リンパマッサージの際、クリームを使うことでより効率の良いリンパマッサージが可能になりますが、クリームも様々な物があります。

そのため、どのクリームを使うのかは悩みどころの一つです。そこで、リンパマッサージで使用するクリームについてまとめてみました。

リンパマッサージにクリームを使うメリット

リンパマッサージといえば、クリームよりもオイルを利用する人の方が多いのではないでしょうか。確かにオイルの方が一般的ではありますが、「リンパマッサージ=オイル」と定められているものではなく、リンパマッサージはリンパの老廃物を体外に排出するためのマッサージであって、「これを使わなければならない」と定められているものではありません。実際、オイルではなくクリームを使うメリットもいくつかあります。

滑りすぎない

オイルは潤滑油として機能させる面があるものですが、オイルでは滑りすぎると感じている人もいるようです。量を間違えると手技どころではなく、相手に自分の力を伝えにくくなってしまいがちです。その点、クリームの場合オイルほどの潤滑機能がありません。むしろそのおかげで程よい感覚をキープできると考えている人もいるようです。

もちろんオイルの潤滑油としての機能は素晴らしいものではありますが、量の調整も必要ですし、人によって合う合わないの問題もありますが、クリームであればオイルほど滑りが良い訳ではないので、むしろ十分にグリップを利かせられるように、自分の手技を相手に伝えやすくなるメリットがあります。

使い分けることができる

一口に「クリーム」と言っても、様々なタイプがあります。比較的柔らかいものもあれば硬いものもありますし、硬さよりも含まれている成分が魅力的なものもあります。そのため、自分の施術や相手に合わせて使い分けることが可能です。例えばあまり潤滑をさせたくない場合には、テクスチャの硬いクリームでじっくりと手技を実践してより揉みほぐすこともできますし、テクスチャの柔らかいクリームで力よりも滑らかさのリンパマッサージを実践することもできます。


オイルの場合、多少の違いはありますが、クリームほどの使い分けができませんので、リンパマッサージをいろいろと使い分けたい人にとっては、クリームはメリットです。

クリームの成分によるプラスアルファ

クリームには様々なタイプがあります。美容成分が豊富に含まれているものも多いですし、美容成分の種類も様々です。そのため、リンパマッサージにクリームを用いると、クリームに含まれている成分をプラスアルファで与えることが可能です。

例えば保湿成分に優れているクリームであれば「リンパマッサージ+保湿」が可能ですし、美肌効果のあるものであればリンパマッサージにさらなる美肌効果を付与することができます。このように、クリームの成分がもたらすメリットをリンパマッサージに加えることができるので、リンパマッサージに幅を持たせることが可能です。

比較的入手しやすい

オイルとクリーム。それぞれ違いはありますが、どちらかといえばオイルよりもクリームの方が入手しやすい面もあります。リンパマッサージで使用するオイルにはルールが定められている訳ではありませんが、例えばコンビニやドラッグストアであればクリームであれば多くの種類が当たり前のように販売されていますので、ふと足を運んで入手できます。

その点、オイルは店舗によっては置いてなかったりすることもありますし、その手の量販店の場合、オイルの種類が少ないものです。ネットショップ等を活用するとこの点はさほど違いにはならない部分。

急にオイルやクリームが切れてしまった場合、店舗でもそれなりに品質の良いものが揃っているクリームと比べると、オイルの場合、なかなか理想のオイルを見つけられないケースもありますので、この点についてもクリームは使いやすいでしょう。

クリームを選ぶ際の注意点

リンパマッサージに使用するクリームを選ぶ際には、いくつか覚えておくと良いポイントがあります。これらの点を踏まえると、リンパマッサージで使用するクリームも見えてくるでしょう。

大前提として自分の肌に合っているクリームを

リンパマッサージを施術として行うのであれば、お客さんのことを一番に考えなければなりませんが、自分自身の肌に合うクリームを用いることが大前提です。自分の肌に合っていないクリームでリンパマッサージを行っていると、次第に自分の手がボロボロになってしまいます。

お客さんとしても、あまりきれいではない手を持つ施術者と、綺麗な手の施術者とでは気持ちも変わるでしょう。また、合わないクリームを使っていると手が荒れるので、見た目だけではなく、お客さんの感覚としても滑らかさが損なわれます。

ガサガサ、あるいはボロボロの手でリンパマッサージを受けても、「痛い」「痒い」と感じさせてしまうこともあります。まずは自分の肌に合っているクリームなのか。この点を考えましょう。

コストパフォーマンスも考慮しよう

リンパマッサージを継続して行う環境にある場合、クリームのコストパフォーマンスも大切です。高いクリームは素晴らしい成分が豊富に含まれているものですが、毎回使用するとなると費用の面で負担が大きくなります。

誰もが品質の良いクリームを使って施術したいとは思うものですが、現実的には費用とのバランスも考慮しなければなりません。一度だけであれば高いものでもよいでしょう。しかし、継続的に使うことになるのであれば、費用とのバランスも考慮する必要があります。

入手しやすいものを選ぶ

コストパフォーマンスに通ずる部分もあるのですが、入手しやすいクリームの方が、後々困りません。もしも、入手困難なクリームを常用する場合、常に在庫管理に気を付けなければなりません。また、何らかのトラブル等で販路が閉じられてしまった場合、以降、同じクリームを使ってのリンパマッサージが行えなくなる可能性もあります。

極論ですが、ドラッグストアで購入できるクリームと、ネット販売をしておらず、現地の身の販売で、かつ足を運ぶのが手間もお金もかかる場所にあるクリームとでは、在庫管理の負担も変わります。

コストパフォーマンス同様、一度だけリンパマッサージを行う場合やセルフであれば簡単には入手できないレアなクリームを使うのも良いでしょう。しかし、継続して提供する場合には、入手しやすいクリームの方が、施術面に集中できますし、施術中にクリームを使い切ってしまったとしても安心です。

複数用意しておくのもポイント

お気に入りの一点を選ぶことも大切なのですが、リンパマッサージの施術者としてお客さんに提供する場合、いくつかのクリームを用意しておくことをおすすめします。自分自身の肌に合うクリームを使うことが大前提だとお伝えしましたが、同時にお客さんの肌に合うものを使う必要もあります。

自分が「これがいい」と思って使用しているクリームが、お客さんの肌に合うとは限りません。お客さんの肌に合わない場合も考慮し、お気に入りのクリームは一つではなく複数用意しておくと、どのような肌質のお客を相手にしても困ることはありません。

リンパマッサージ師となると、お客さんは選べません。どのような肌質のお客さんが来るか分からないからこそ、誰が来ても良いよう環境を整えておくことが大切です。

希望別 おすすめリンパマッサージスクール

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
リンパマッサージ資格について
疑問に思っていることはありませんか?