HOME » リンパマッサージを学ぶ前に知っておきたい基礎知識 » リンパマッサージの資格取得の難易度【美容系・医療系の違い】

リンパマッサージの資格取得の難易度【美容系・医療系の違い】

リンパマッサージの資格取得の難しさ

ここでは、リンパマッサージの難易度について詳しく紹介しています。

リンパマッサージの資格の難易度

リンパマッサージの資格取得を目指す時に気になるのは「難易度」ですね。同じリンパマッサージとはいえ、美容系と医療系では目的が違うため、難易度が異なります。それぞれの難易度について、チェックしていきましょう。

美容系リンパマッサージの資格の難易度

美容系のリンパマッサージの資格は、比較的取得しやすくなっています。お客様に癒しの効果を与えたり、美容目的で来られたりする方が多いので、医療系と比べれば最短3ヶ月で取得できる資格があるほど難易度は低くなっています。資格によっては、講義を1週間ほど受けると取得できるようなものもあります。そのため、美容で活かすリンパマッサージの資格は、選択肢も広がっていきます。しかし、リンパマッサージはお客様を相手にしなければいけない職業なので、資格を取得した後でも技術力を伸ばしていくことが必要となります。

医療系リンパマッサージの資格の難易度

医療系は主に、患者さんの治療方法の一つとして行なうことが多いです。そのため、医療を目的としたリンパマッサージを行なう時には、国家資格を取得しておかなければいけません。国家資格は医師・看護師・作業療法士などです。病院などの治療の一つとして行なう場合は、医学的な知識が必要となってくるので、国家資格が必要という面でも難易度は高くなります。

◆まとめ

どのような場所で、リンパマッサージの技術を活かしたいかによって、資格を取得していく方法は変わっていきます。病院などで、役に立ちたい時は看護師の資格を取得しなければいけません。エステサロンでは、美容を目的としていますが、美容についての勉強も必要となってくるでしょう。