リンパマッサージは美容にも効果が期待できる?

ここではリンパマッサージの美容効果についてを紹介しています。

リンパマッサージの美容への効果

近年リンパマッサージが注目を集めている背景として、美容よりもむしろ医療の現場で用いられることが増えている点にあります。医療の現場で、医療行為の補助や患者の手助けの方法の一つとして用いられることが増えていることで、リンパを習いたいと考える人も増えているのではないでしょうか。

リンパマッサージをマスターすることで、既に医療の現場に従事している人は、自分のスキルアップにも繋がりますし、新たに医療の現場の一歩目を刻むことも可能になります。しかし、リンパマッサージは医療のためだけのものではありません。美容に於いても大きな効果が期待できるものです。そこで、美容にはどのようなメリットがあるのか紹介します。

むくみが取れる

リンパマッサージによってリンパの循環を改善させることで、体の中の細胞に含まれている余分な水分が取れます。結果、むくみが取れるので体のラインにも良い影響を与えます。また、むくみは美容・健康の観点から見るとよいものではありません。むくみは水分や老廃物が蓄積されている状態を指しますが、むくみがさらに血液やリンパの流れを悪くさせる悪循環が生まれます。

むくみは脂肪が蓄積されやすくなるのが特徴です。つまり、太りやすくなるのですが、太るとむくみやすいことも分かっています。つまり、むくみは悪循環を招くことになるのですが、リンパマッサージによってむくみを改善・解消することができれば、悪循環を断ち切ることができでしょう。

血行改善による様々なメリット

人間が健康でいられる理由として、暖かい血液が身体の隅々を循環している点が挙げられます。心臓がポンプの役割を果たすことで、血液に含まれている栄養等を全身に送り込んでいます。裏を返せば、血液に異常をきたすと健康を損ねるケースも。

リンパマッサージでは、血行改善効果が見込めます。むくみはもちろんですが、老廃物を取り除くことで、圧縮されていた血管が元に戻り、血流量が増えるので栄養がしっかりと行き届くこととなり、健康・美容に好影響をもたらします。

代表的なメリットとしては冷え性の改善が挙げられます。冷え性もいわば血行不良の一環ですので、リンパマッサージにて血行が改善されることで、冷え性の改善も期待できるはずです。

新陳代謝が活発になる

リンパマッサージによってリンパに蓄積されている老廃物を排出すると、細胞の動きが活発になります。いわゆる「新陳代謝」が活発になりますので、健康や美容に様々な好影響をもたらすケースも。例えば美容の観点で見ると、新陳代謝が活発になることで美肌効果が期待できるでしょう。

人間の細胞は新陳代謝を繰り返し、古いものを除去することで新しいものが生まれます。新陳代謝が活発であればあるほど、古い組織の排出と新しい組織の誕生が活発になりますので、肌のターンオーバー効果も期待できるでしょう。

リンパマッサージによってしみやしわが改善されると言われてもピンと来ないかもしれませんが、肌に良い影響を与えてくれるのが嬉しいポイント。また、新陳代謝が活発になると脂肪の燃焼の手助けにもなりますので、ダイエット効果も高まります。

免疫力が高まる

リンパマッサージによってリンパから老廃物を除去することで、リンパや血液がクリアになることで免疫細胞が増加。つまり、免疫力が高まりますので病気の予防やアレルギーの改善が期待できます。裏を返せば、リンパが滞っていると免疫力の低下を招いてしまうということです。

自律神経の改善が期待できる

リンパマッサージによってリンパの流れ、さらには血行が改善されることで、自律神経への好影響が期待できます。自律神経は疲労やストレスによって悪影響を受けるのですが、リンパマッサージによって多少緩和。

また、自律神経の乱れがさらなるストレスを招くなど悪循環を招いてしまうのですが、リンパマッサージによって自律神経の悪循環を断ち切ることが可能です。

リンパマッサージを美容目的で行う際の注意点

リンパマッサージは美容にも大きな効果が期待できる一方で覚えておくこと・気を付けることもあります。

リンパマッサージだけで美容効果は得られない

リンパマッサージは美容効果が期待できる一方で、リンパマッサージだけですべての効果を期待できる訳ではありません。先に多くのメリットを紹介しましたが、極端な話、リンパマッサージを行っているからと言って暴飲暴食や不規則な生活を送っていては、リンパマッサージの効果は半減。

リンパマッサージはメリットが多いものですが、決して「奇跡の行為」ではありません。日常生活の一助として機能してくれるものです。リンパマッサージの効果を高めたいのであれば、リンパマッサージ以外の部分に於いて日常生活気を付けることが大切と言えます。

目的はリンパの流れを良くすること

リンパマッサージには様々なメリットがあると説明しましたが、それらのメリットは「リンパの流れが良くなることで得られるメリット」です。いわば二次的なメリットであって、リンパマッサージの主目的ではありません。

「しわやたるみ改善のためにリンパマッサージを」と考えるのも、決して悪いことではありませんが、しわやたるみに対して直接アプローチしたいのであれば、リンパマッサージよりも美容整形の方が良いでしょう。

あくまでも「リンパを整えることで得られるメリット」であって、直接的に得られるメリットではない点は覚えておきましょう。リンパマッサージの主たる目的はリンパの流れの改善です。

やりすぎには注意

リンパマッサージには様々なメリットがありますので、「たくさんのメリットを」との思いから、ついついやりすぎてしまう人もいるのではないでしょうか。「大は小を兼ねる」との言葉もありますので、たくさん行えばその分より大きなメリットを得られると考える気持ちもよく分かるのですが、リンパマッサージは力任せに行うものではありません。

力よりもリンパの流れを正しく理解し、優しくリンパのポンプのような役割を果たしてあげる点がポイントです。むしろ力任せや過度にリンパマッサージを行うと体に負担を与えてしまうことにもなりかねませんので、「適度」を順守しましょう。

一気に行うよりもコツコツと

リンパマッサージは、週に一度、あるいは月に一度長時間行うよりも毎日数分程度行う方が高い効果を期待できます。手間暇の問題もあるので、やるからにはがっつりとという気持ちになるのもよく分かるのですが、たまに長時間の施術を行うよりは、毎日数分程度行った方が体には好影響です。

リンパは毎日流れているので、日々のリンパマッサージで少しずつ改善した方がリンパの中に老廃物が溜まりにくいのです。たまに行うとなると、力みすぎてしまうリスクもあります。リンパマッサージはまさに「コツコツ」が理想です。

美容メニューとしてリンパマッサージを取り入れている業種

医療ではなく、美容のメニューとしてリンパマッサージを取り入れているジャンルを紹介します。リンパの技術・手技を覚えた方は、これらの施設は仕事先の候補となるので覚えておくと良いでしょう。

エステティシャン・セラピスト

いわゆるエステのサービスでリンパマッサージを行うサロンがあります。リンパマッサージを売りにしている所もあれば、メニューの一つとして用意しており、お客さんからの要望があれば行うなどスタンスはさまざま。

どのような形で提供するかはお店や経営者次第な面もありますので、働くのであればリンパマッサージをどのような形で提供しているのかをチェックしておくとよいでしょう。

整体

整体の一環としてリンパマッサージを行っている所もあります。こちらもまた、リンパマッサージをメインに据えている所もあれば、整体のメニューの一部に用意していたり、あるいは施術の一部に取り入れたりするなどさまざまです。

美容としてリンパマッサージを提供する心得

美容行為としてリンパマッサージを提供する場合際の心得についても覚えておきましょう。

リンパマッサージが「本当の目的」ではない

美容でリンパマッサージを受けたいお客さんの目的はリンパマッサージではなく、「綺麗になりたい」「ストレス解消したい」といった、「結果」が目的です。

つまり、リンパマッサージのことを誤解しているケースが珍しくありません。リンパマッサージの主な目的はリンパを整えることで、リンパを整えることで様々なメリットを得られるものであることは、施術前に説明しておきましょう。

リンパマッサージを提供する際、手技だけではなくお客さんとのコミュニケーションも重要な部分です。

マニュアルよりもお客さんの状態を優先

リンパマッサージを提供する際、まだまだお客さんに提供することに慣れていないと、「間違えない様に」「教わったことを正確に」など、マニュアルを意識したものになりがちなのですが、マニュアルよりもお客さんを大切にしましょう。

お客さんが何を求めているのかや、状態です。例えば泥酔状態、怪我がある時など、リンパマッサージを控えた方が良い時もあります。お客さんの状態を見定めることもまた、リンパマッサージ師として大切な部分です。

まとめ

リンパマッサージは美容にも役立つものですが、一方で気を付けておかなければならないことも多々あります。メリットを提供するためには、リンパマッサージを正しく理解してもらうことはもちろんですが、お客さんとの対話も大切になりますので、手技だけに頼るのではなく、コミュニケーションも大切にしましょう。

希望別 おすすめリンパマッサージスクール

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
リンパマッサージ資格について
疑問に思っていることはありませんか?