リンパマッサージってどれぐらい儲かるの?

リンパマッサージスクールを卒業したリンパマッサージ師が、一年でどれぐらい稼ぐことができるのかを調べてみました。これからリンパマッサージの仕事をしようと考えている方は必見です。

リンパマッサージ師の年収は?

一口にリンパマッサージ師といっても、その雇用形態はさまざま。

サロン勤務や独立開業をはじめ、正社員・契約・パート・アルバイトといった場合で年収が変わります。ここでは、それぞれの働き方でどれくらいの年収が得られるのかを解説します。

契約社員・パート・アルバイトの場合

契約・パート・アルバイトなどの非正規労働者の平均的な年収は200万円前後といわれています。この金額は地域によって大きく左右され、主に首都圏で給料が高く設定されているようです。

リンパマッサージの仕事を契約・パート・アルバイトとして行う場合の給料相場は、時給850~1500円ほど。ここからさらに歩合給が加算されるサロンも数多くあります。なかには、指名手数料が支給されるところも。アルバイトでも能力給がつくところは、実務経験が豊富で高い技術を持っていると、正社員より高収入になる場合もあるそうです。

サロンに正社員として雇用されている場合

正社員でも未経験の場合や地域、サロンの規模などでかなり給与額に差が生まれるのがリンパマッサージ職です。月の給料相場が約16~30万円となっており、年収に換算すると200~300万円台になります。

求人情報を見ると未経験者でも応募できる場合が多いですが、経験者・有資格者が優遇されやすいのが現状です。サロンで正社員として働きたい方は、求人に応募する前にリンパマッサージ関連の資格を取得しておくといいでしょう。あらかじめ働きたいサロンに、どういう資格を持っていると役立つか聞いてみるのもいいかもしれませんね。

ただし、サロンでもっとも重視されるのは経験です。ベテランの場合は、経験年数を考慮して40万円の月給を用意してくれるサロンもあるようです。

一方、未経験者だと経験者よりも給料が5万円近く下がってしまうところも。店長候補として雇われる場合は、さらに高額な給料が支払われているようです。

独立開業の場合

独立開業した場合、売れっ子になれば年収1000万円以上も夢ではないそう。リンパマッサージで高収入を目指したい方は、自宅開業を目指すのがおすすめです。

もちろん、売れるかどうかは立地などの条件にもよりますし、固定客がつくまで大きな収入は望めませんが、経験を積んで自分のお店の認知度が上がれば、頑張り次第で高収入も夢ではありません。

リンパマッサージはネイルや痩身、脱毛のように専用機器を使う必要がなく、設備投資にお金がかからないというメリットがあります。

自宅の一室をサロンに改築して開業することができるため、開業資金を抑えながら店を始められます。自分のペースで仕事ができるので、家事や育児の空き時間を利用して上手に稼いでいる主婦もいるようです。

希望別 おすすめリンパマッサージスクール