リンパマッサージってどれぐらい儲かるの?

リンパマッサージスクールを卒業したリンパマッサージ師が、一年でどれぐらい稼ぐことができるのかを調べてみました。これからリンパマッサージの仕事をしようと考えている方は必見です。

リンパマッサージ師の年収は?

一口にリンパマッサージ師といっても、その雇用形態はさまざま。

サロン勤務や独立開業をはじめ、正社員・契約・パート・アルバイトといった場合で年収が変わります。ここでは、それぞれの働き方でどれくらいの年収が得られるのかを解説します。

契約社員・パート・アルバイトの場合

契約・パート・アルバイトなどの非正規労働者の平均的な年収は200万円前後といわれています。この金額は地域によって大きく左右され、主に首都圏で給料が高く設定されているようです。

リンパマッサージの仕事を契約・パート・アルバイトとして行う場合の給料相場は、時給850~1500円ほど。ここからさらに歩合給が加算されるサロンも数多くあります。なかには、指名手数料が支給されるところも。アルバイトでも能力給がつくところは、実務経験が豊富で高い技術を持っていると、正社員より高収入になる場合もあるそうです。

サロンに正社員として雇用されている場合

正社員でも未経験の場合や地域、サロンの規模などでかなり給与額に差が生まれるのがリンパマッサージ職です。月の給料相場が約16~30万円となっており、年収に換算すると200~300万円台になります。

求人情報を見ると未経験者でも応募できる場合が多いですが、経験者・有資格者が優遇されやすいのが現状です。サロンで正社員として働きたい方は、求人に応募する前にリンパマッサージ関連の資格を取得しておくといいでしょう。あらかじめ働きたいサロンに、どういう資格を持っていると役立つか聞いてみるのもいいかもしれませんね。

ただし、サロンでもっとも重視されるのは経験です。ベテランの場合は、経験年数を考慮して40万円の月給を用意してくれるサロンもあるようです。

一方、未経験者だと経験者よりも給料が5万円近く下がってしまうところも。店長候補として雇われる場合は、さらに高額な給料が支払われているようです。

独立開業の場合

独立開業した場合、売れっ子になれば年収1000万円以上も夢ではないそう。リンパマッサージで高収入を目指したい方は、自宅開業を目指すのがおすすめです。

もちろん、売れるかどうかは立地などの条件にもよりますし、固定客がつくまで大きな収入は望めませんが、経験を積んで自分のお店の認知度が上がれば、頑張り次第で高収入も夢ではありません。

リンパマッサージはネイルや痩身、脱毛のように専用機器を使う必要がなく、設備投資にお金がかからないというメリットがあります。

自宅の一室をサロンに改築して開業することができるため、開業資金を抑えながら店を始められます。自分のペースで仕事ができるので、家事や育児の空き時間を利用して上手に稼いでいる主婦もいるようです。

データで見るリンパマッサージ師の年収

データとして信ぴょう性が高いものとして、官公庁の発表による年収が挙げられるのですが、残念ながら「リンパマッサージ師」としての年収は発表されていませんでした。
そこで、求人情報サイトにてリンパマッサージ師をチェックしてみると、20万円から40万円程度での募集が多いです。(※2019年11月調べ)
これだけ額に幅があるのは、リンパマッサージ師の収入形態が出来高・歩合による部分が大きいでしょう。
正規雇用であってもある程度経験が求められ、かつ給与の中には歩合を導入しているところが多いので、自分自身のスキルや評判、担当したお客の人数によってお給料は変動します。
そのため、リンパマッサージはやはり年収面に於いては変動するものだと分かります。

リンパマッサージで年収をアップさせるためには?

経験を積む

求人募集を見ても、経験者には多めのお給料を用意している所が多いので、まずは経験を積むことが大切です。初めは低いお給料からリンパマッサージ師としてのキャリアがスタートすることになりますが、どのようなお仕事であれ、初めはお給料は低目に設定されているものです。

まずは経験を積み、スクールで学んだ知識に経験を付与し、リンパマッサージ師として一人でお客相手に様々なことが行えるスキルを身につけることで、キャリアアップが見えてきます。
経験を積めば店舗でお給料が増えていきますし、転職でも有利になります。

評判を高める

リンパマッサージ師は自由業であれ正規雇用であれ、「腕」が問われるものです。施術してお客さんを満足させることができれば、リピーターとなってくれることでしょう。あるいは前回よりも長時間のコースをとなれば、当然実質的なお給料は増えていきます。

また、昨今は口コミを見てどのリンパマッサージ師にするのかを決めている利用者も珍しくありませんので、お客さんを満足させた際、そのお客さんがSNS等で「あのリンパマッサージ師は良かった」と投稿してくれれば、次第に「自分のお客」も増えていくことでしょう。
特に自分出店した場合、どれだけお客を持っているのかが収入・年収に直結することになります。その点では、リンパマッサージ師として年収を増やすためには目の前のお客を満足させることが大切です。

良い条件のお店に積極的に移動する

ある程度キャリアを積んできたらという前提ではありますが、こまめに求人情報をチェックし、良い条件で求人を出している所を見つけたら積極的に「ステップアップ」することも大切です。先にもお伝えしたように、リンパマッサージ師の求人は幅があります。同じお仕事でありながら条件が異なるのは、その店舗が抱えているお客の数や規模によります。

小さなお店と大きなお店を比べた場合、リンパマッサージ師としてのスキルがさほど変わらないとしても単純に稼働する時間だったり、あるいは歩合部分の額面の多少が、一ヶ月単位で見た時、大きな違いとなって表れることになります。
そのため、経験を積んだら自分自身を高く評価してくれるお店に移動することも、年収アップに繋がります。

コミュニケーション能力を高める

リンパマッサージを利用するお客が求めているものは、いわば「満足」です。リンパマッサージでの施術を通して自分自身が満足できるのかが大切なので、リンパマッサージ師としての腕前だけではなく、話術、細やかな配慮などのホスピタリティもまた、広い意味ではリンパマッサージ師としての「腕前」に関わる部分です。

同程度の力量でれば、お客としても喋りやすかったり、細かい気配りまで行ってくれるリンパマッサージ師の方が良いのではないでしょうか。リンパマッサージ師としてというよりも、いわば「サービス提供者として」の心構えもまた、収入に直結する部分です。高年収を誇る人気リンパマッサージ師の多くが、この点に優れています。

独立開業で年収アップするのか?

独立開業は年収アップのチャンスが待っている一方でメリットとデメリットがありますので、その点も覚えておきましょう。

メリット

自分のペースでお仕事が可能

リンパマッサージ師として独立開業した場合、勤務時間は全て自分の自由です。お店に雇われている時にはお店の都合で働かなければなりませんが、独立開業すれば時間はもちろん、休日の設定も自分の自由です。

お客さんが入っていないからとその日は終了にしてプライベートで遊んだり、あるいは急に仕事が入ったので仕事を入れたりなど、すべてが自分次第です。

全てが自分の売り上げになる

お店で雇われている場合、自分が担当したお客が支払う料金をお店と自分で折半する形式になります。割合に関してはお店によって異なるかと思いますが、独立開業した場合、全て自分の取り分になります。

折半する必要がありませんので、年収アップはもちろんですが、自分自身のモチベーションも高まることでしょう。気持ちが変わる点も含めて、この点こそ独立開業の大きなメリット
です。

デメリット

腕前以外の面が求められる

リンパマッサージ師として雇われている時は、目の前のお客のみを意識すれば良いのですが、独立開業した場合、リンパマッサージ師から「自営業者」に変わります。お客を満足させるのはもちろんですが、まずはお客集めから自ら行う必要があります。

独立開業した際、軌道に乗るまではこの点が難しい部分です。お店である程度お客をつかんだ後に独立するリンパマッサージ師が多いのも、いわばお客をある程度確保したいからこそ。また、折半する必要がない一方で場所も含めて全て自らで用意する必要がありますし、年度末には確定申告を行う必要もあります。

年収が増える確証もなければ保障もない

リンパマッサージ師として雇われている立場であれば、仮にお客さんがこないいとしても固定給がもらえます。お客を相手するよりは収入が低いものの、「お金が入ってこない」にはなりませんが、独立開業した場合、お客がいない場合にはお金が入ってきません。年収アップどころか、「収入ゼロ」のリスクと隣り合わせですし、先に自由である点がメリットだとお伝えしましたが、体調不良等で働けない時も収入が途絶えてしまいます。

希望別 おすすめリンパマッサージスクール