HOME » リンパマッサージ資格取得後の体験談 » 念願のサロンをオープン!

念願のサロンをオープン!

資格取得後、サロンを開業した人の体験談を紹介しているページです。

サロンを開業した人の体験談

以下に、リンパマッサージの資格を取得した後、独立してサロンを開いた人の体験談を掲載しました。「将来は自分のサロンを開きたい!」と考えている人はぜひチェックしてみてくださいね。

みんなが「良くなったよ!」と喜んでくれるサロンを築いていきたい。

私はずっと看護師の仕事をしており、以前、整形外科で働いていたこともありました。
当時、変形性膝関節症や腰痛といったような、いわゆる慢性疾患を患った患者さまと毎日顔を合わせており、1日に100人以上の患者さんと接することもありました。
そんな中で、毎日のように通っているのに全然良くならない方も多く、そのような現実を目の当たりにしてもとくに疑問を感じることはありませんでした。
これらの症状は、軽くなることはあっても老化現象だから完治することはないと、私も患者さんご本人も決めつけていたのです。

そのうち子供も独立し、夫と2人での老後について考えるようになっていた頃。
「日本自然医療協議学会」という学会の開催をたまたま知り、興味があったので参加することにしました。
その中の講演に、私は大変な共感を覚えたのです。
そして、そこでリンパ療法の実技を体験し、「こんなに素晴らしい代替医療があったのか!」と非常に感銘を受けました。
それからすぐに技術を習得したいと思い、夫に相談して賛成が得られたので勉強することにしたのです。

私が受講した「新リンパ療法」の講座(リンパ療法学院(WCI))では、看護師をしていた私にとってまさに驚きの連続でした。
体の歪みを客観的に見ることができる背骨分析や筋力テスト、また、東洋医学の考えや世界的な代替医療の考えなどについて、技術をしっかりと交えながら学ぶことができました。
とても興味深い内容ばかりで、どんどんのめり込んでいった感覚を覚えています。
さらに、同じ受講生同士で技術を実習し合えるシステムも良かったです。

そして講師と仲間に支えられながら、一番深く勉強ができる師範科まで修了しました。
修了後は、スクール直営の新しいリンパサロンで曜日院長を担当させていただくまでになり、本当に感謝ばかりです。

その後は、夫が定年退職したのをきっかけに、自宅の近くにサロンをオープン。
リンパ療法学院のバックアップを受けたのでスムーズなオープンでした。
娘がアシスタントを務め、娘婿と夫は営業部長!いまの私があるのは、スクールと周りのみんなが支えてくれたからだと本当に感謝しています。

また、たくさんのお客さまに喜んでもらえ、「ありがとう!」と言ってもらえるこの仕事は、心からやりがいを感じられる仕事です。
将来必ず役立つ技術だと思うので、私は子供や孫にも教えています。お客さま皆さんが「良くなった!ありがとう!」と喜んでいただけるサロンを子供たちに残したいです。

(年齢不明・女性)