サロン経営で失敗してしまうことも

サロン経営の失敗談まとめ

ここでは、サロン経営の失敗談を紹介します。資格を取ったとしても経営の仕方がわかっていないと、運営は思わぬところで座礁してしまうもの。先人たちの失敗を学ぶことで、今後のサロン経営の糧にしていきましょう。

知人止まりで口コミ広がらず…

セラピストさんの中でも自宅でサロンを開業してから2~3年過ぎた頃のセラピストさんによくある失敗が、顧客の層が知人止まりになってしまうということ。

自宅サロンの集客は開業してから1~2年間ぐらいは意外と順調にお客さんが来てくれます。そのお客さんの層は、大体が開業する前に練習に付き合ってくれた友人や家族、知人など。

自分と親しい人たちが知人に宣伝してくれるので、最初の月はコンスタントに来てくれます。「意外とちゃんとサロンを経営できてる!」と自信がつくことも。 けれど、知人からまた別の人に紹介してもらえないと、それ以上新しいお客さんは増えません。友人や家族の知人にはあなたが開業したからお祝いに足を運んでいるだけで、あなたの施術が受けたいから来ているわけではないのです。

もちろん、あなたの施術だから受けたいと思っている人がこの中にいれば、自然と「おすすめだよ!」と他の人へ紹介してくれます。そうでなければ、この期間中に新しいお客さんを獲得しないと、そのうちリピーターも減っていき、月に数人しかお客さんがいないという事態に。

自宅サロンを開業して最初の2~3年で80%以上が廃業すると言われているのはこのためなのです。

インスタ・Twitterで頑張るけれど成果出ず諦める

自宅サロンを開業してから2~3年後にお客さんが減り出すと、そろそろ「集客について学ばなきゃ…!」と危機感を抱き、これからどうしたら良いのかを考え始める方がいるでしょう。

集客の勉強は簡単ではありません。そのため、集客セミナーや勉強会などが開かれていることも多く、そういったツールを使う人もいます。

注意すべきは、自分の人脈と紹介だけで自宅サロンの経営を続けていくことに限界を感じ、自力のみで新規集客しようとするタイプです。

まず、チラシや広告を出すにはお金がかかるので、お金をかけずに手間をかけようとします。ネットで色々調べて、自分で始められる方法を探すと、インスタやTwitterでの宣伝行動が出ます。

思い立ったらすぐ行動する直情型の人だと、とりあえずやってみようと、アカウントを作成し宣伝を始めます。毎日毎日、睡眠時間を削ってブログを更新したり、慣れない自撮りをSNSにアップしたりといった手短にできる範囲の宣伝行動です。

けれども、こういった小さな宣伝はなかなか広がりません。そのため、やってもやっても売上は上がらないし、問い合わせのメールや電話も全くこない…。 ふと、「やっぱり続けても全然効果が出ない!」と思ってやめてしまう人が多数です。

小さな宣伝でも続けることが重要。続けた結果、うまくいく可能性もあるのに、続けなかったことが失敗の理由とも言えるでしょう。

場所に妥協をしてしまいアクセス面で客が来ず…

サロンで施術を受けるのは1時間ほどでしょう。ずっと同じ場所で施術をしているセラピストにとっては1時間かもしれません。でも、マッサージを受ける人にとっては、その1時間のために色々準備をしてから行くのです。 貴重な時間を過ごす場所が微妙だと、お客さんは次も行こうとは思いません。

こうなってしまうと経営は悪化する一方、あなたのマッサージ技術がどんなに上手くとも、お客さんが来てくれなければ宝の持ち腐れになってしまいます。

場所はもちろんですが、内装やサロンの雰囲気は経営を左右する重要な要素です。お客さんの気持ちになって考えて、アクセス面や内装にはこだわりを持って、サロンを開業すると良いでしょう。

まとめ

サロン経営は簡単ではありません。ここに挙げた以外の理由でも多く方が失敗や挫折を体験しています。マッサージの技術はあっても、経営に関する知識がなければサロンを続けていくのは難しいのが現状です。

こうした経営に関する知識不足が原因で廃業に追い込まれることがないように、マッサージの技術だけでなく、その後の店舗経営に関する知識まで学べるスクールを選ぶことが重要です。

希望別 おすすめリンパマッサージスクール