サロンの接客方法は?

開業するならサロンの接客方法を統一する必要があります。お客さんに「また来たい!」と喜んでもらうための接客方法をみていきましょう。

サロン接客の大前提

接客はサロンの評価を大きく左右します。接客の大前提を心がけて、良い印象をお客さんに与えられるようにしましょう。

信頼してもらう

お客さんに身体を預けてもらうには、リンパマッサージセラピストとして信頼してもらわなければなりません。リラックスしてリンパマッサージを受けてもらうためにも、誠実な態度で接しましょう。

勧誘しない

口コミからサロンを選ぶとき、勧誘されないかチェックする方は少なくないそうです。強引な勧誘をしてしまうと、次の来店に繋がりにくくなります。

新メニューなどをおすすめしたい場合であっても、お客さんとの距離を十分に縮めた上で、「お知らせする」程度に留めておいた方が良いでしょう。

心地よい空間づくり

リンパマッサージを受けるお客さんに最大限の癒しを与えるため、リラックスできる心地のよい空間をつくりましょう。

サロンの環境を整えるのは、心のこもった接客を行なうための初歩です。

また来たいと思わせる接客マナー

「素敵なサロンだったなー、また行きたい!」と、お客さんに良い印象を与えるために、接客マナーの基礎である5つのポイントをおさえましょう。

元気な挨拶

サロンの第一印象は、挨拶で全てが決まると言っても過言ではありません。元気が良く、明るい人の方が魅力的に見えます。

特に初めの挨拶は大切です。にこやかに元気よく行ないましょう。

やわらかな表情

施術に集中しすぎて、眉間にしわが寄っていませんか?お客さんに心地のよい空間だと認識してもらうために、表情をやわらかくして良い雰囲気をつくることを心掛けると良いでしょう。

清潔な身だしなみ

信頼できるサロンであることを伝えるためにも、清潔感のある服装を心掛けましょう。長い爪はもちろんNGです。

言葉遣い

堅すぎると緊張を与えてしまう恐れがあるので、話しやすくするため適度に崩すと良いですよ。

ただし初対面の相手にフレンドリーになりすぎるのは危険です。相手によっては不快感を与えてしまうので、基本は丁寧な言葉遣いをしつつ、適度に崩すと良いでしょう。

感じの良い態度

背筋はぴんと伸ばして、態度良くお客さんと接しましょう。接客業全般に言えることですが、態度が悪いとサロンのイメージも悪くなるので注意が必要です。

感情が表情に出やすい方は日ごろから意識して接客の心得を頭に留め置くようにしましょう。

サロン接客はコミュニケーションも大事

お客さんに喜んでもらうには、技術やマナーだけではなく、お客さんとコミュニケーションを取ることも大事です。

長く愛されるサロンにするためにも、お客さんとのコミュニケーションをしっかりと築き上げましょう。

コミュニケーションは大きく2つにわけられます。どちらもリンパマッサージサロンの接客をする上で必要な要素です。こうした情報を知った上で会話をすることで、ワンランク上の接客が提供できるようになるでしょう。

言葉によるコミュニケーション(バーバルコミュニケーション)

お客さんと言葉でコミュニケーションを取るためには、「聴く力」を鍛えたほうが良いでしょう。

お客さんが発信する情報をきちんとキャッチできていると、聴いた話を盛り込んで返すことができるので自然と話術も巧みになるでしょう。

言葉以外のコミュニケーション(ノンバーバルコミュニケーション)

コミュニケーションは言葉だけでなく、言葉以外の要素も重要です。言葉を交わさなくても、お客さんの「表情」「声」「服装」「身振り手振り」などから、多くの情報を得られることもあります。

お客さんが発する無言のサインを読み取れると、さり気ないサービスが行なえるので、リピーター客に繋がる可能性が高くなりますよ。

希望別 おすすめリンパマッサージスクール