サロンの開業資金は?

リンパマッサージの資格を取得したら、「自分のサロンを開きたい!」なんて夢が広がりますよね♪ここではサロン開業に必要な資金をリサーチしました。

サロン開業資金の内訳

物件を借りて開業するケースを想定し、必要な開業資金を考えてみます。家賃が高いとされる、東京都内で物件を借りる場合、どのくらいの資金が必要なのかを細かく見ていきましょう。

東京都内でマンション1室(6畳)を借りる場合

費用 金額
(目安)
内容
敷金 8万円 家賃1ヶ月分
礼金 8万円 家賃1ヶ月分
家賃 96万円 8万×12ヶ月分
仲介手数料 8万円 家賃1ヶ月分
保証金 8万円 家賃1ヶ月分
設備 57万円 施術用ベッドなど
内装工事 20万円 水道・電気・ガス工事 など
広告宣伝 10万円 HP作成、ショップカード、チラシなど
消耗品 8万円 シーツ・カバー・化粧品 など
運転資金 40万円 経営が軌道に乗るまでに必要な資金(家賃5ヶ月分程度)
合計金額 263万円

店舗を借りる場合は立地が重要!

物件を借りるだけで、年間100万円程度のコストがかかります。もちろん安い物件や地域によって差がありますので,「どこで開業するか」は重要なポイントです。テナントを借りたい場合は、さらに家賃コストはかかると考えておいた方が良いでしょう。

自宅サロンなら低コストで開業できる

自宅サロンなら賃料は0円で抑えられますが、その分自宅感が出ないように内装を充実させてリラクゼーション空間を演出するなど工夫が必要です。もちろん、アットホームな雰囲気にするなら、あえて自宅感を残しても良いかもしれません。どのようなサロンにしていきたいのかによって、コストも変わってきます。

開業して固定客がつくまでには、ある程度の時間がかかるものです。初期費用だけではなく、経営が軌道に乗るまでに必要な運用資金の確保もしっかりと考えた上で事業計画を立てるようにしましょう。

従業員を雇いたいと考えている場合も、開業前後はぐっと我慢して、事業が軌道に乗ってから検討した方が賢明です。 まずは小さい規模で開業し、固定客ができサロンが軌道に乗ったら人員を増やしたり、大きな物件に移転したりすると良いでしょう。 開業資金はなるべく抑えて、「自分自身のサロン」を徐々に成長させていくなんて、素敵だと思いませんか。工夫次第では、予約でいっぱいの人気サロンも夢ではありません。

サロンの開業の前に揃えておく必要があるもの

建物の準備は整いました!次に必要なものは、サロンを運営するために必要な設備です。

用意しておきたい設備

備品系 施術用ベッド・施術用チェア・フェイシャル機器・洗濯機・乾燥機・掃除機・電話機・顧客管理用PC など
消耗品 タオル・ガウン・スリッパ・カルテ・化粧品系(コットン・マスクなど)・ワゴン・消毒器 など

基本的に用意しておきたい設備をピックアップしました。機材から消耗品まで幅広い準備が必要です。

お客様が気持ち良く過ごせる空間を作るためには、お茶やコーヒーを出したりアロマを用意したりと細かな消耗品もプラスされると考えておきたいところ。

たとえば、お店のコンセプトを「ラグジュアリー」にするのであれば、高級なアメニティや間接照明を用意して落ち着いた雰囲気を演出するなど、用意する設備が変わってきます。 まずは最低限必要な設備を把握し、コンセプトにあったものをそろえていきましょう。

開業の夢を実現させたいと思った方は、リンパマッサージスクールへの入学をご検討されてみてはいかがでしょうか。

希望別 おすすめリンパマッサージスクール